食べ過ぎ&ウエイト加算の原因は骨盤にあり!即刻望める減量のための骨盤スクワット

 めしをきちんと食べても小腹が空く。お菓子を添えると一年中5食になってしまう。そういう気掛かりはありませんか? また、周りにそんなことを愚痴っておるユーザーはいないでしょうか。これは単に食い意地が張ってあるだけでなく、身体の乱れの証明です場合もあるのです。急に食品音量が目立ち、目安として2~3週間ほどの短期間でウェイトが3移動増えていたら、骨盤の乱れを疑ってみましょう。

 骨盤が解き放ち、五臓、とくに胃が下がると、食いでが得られにくくなりついつい食べてしまう。これが暴食の原因だ。ウェイト合算に乗って減量を決意するも、この状態で食品音量を無理矢理燃やすと精神衛生上よくありません。そこで、簡単な体操を通じて空腹のきっかけを断ち切ります。その名も骨盤スクワットだ。

 徒歩を肩幅に開いてのぼり、ダブルの爪先を出来る限り外に向けます。両拳固は下におろしたとおり、45秒かけてゆっくりと腰を落とし、限界まで落ちたら、今度は15秒かけて上げて元通り立ちます。これでまずは骨盤を広げます。次に爪先を内方に向け、同じように45秒で腰をなくし15秒で戻します。

ここからさらに、生き方を変えずに前のめりになります。お辞儀のように腰を曲げてはいけません。お隣から見ると、ボディがわずかに前へ傾く空想だ。徒歩も拳固も動かさず、骨盤だけでボディを支えて、15秒数えたら起こします。これで前述広げた骨盤が引き締まります。一度広げることによって、いきなりあげるよりもしまりやすくなるのです。

これで腰移りや脚の付け根がすっきりしたと感じるなら、もともとが開いていたということです。スクワット上げ下げと前のめりを1開設として、一年中1回でOKです。どのチャンスでも構いませんが、夜はボディが弛む傾向があるので、しまりやすい昼前がおすすめです。

 変わり塩梅がひどかった場合は数日で効能が実感できます。空腹がましになり、そのうち正常になっていきます。いざ減量、と意気込んでがんばらなくても、食品音量が自然と減ってくる。そうなればもうこっちのものですね。

 ウェイトのアップが止まらないと焦って痩身や無理な運動を通じてしまうが、難点の思惑を敢然と見極め、適切なやり方を。まずは自分のボディをケアしてあげましょう。骨盤ベルトなどで過剰に締め付けるのは、崩れを引き起こしたり五臓に気苦労になったりするので駄目。骨盤スクワットで、ほんのすこし締めるだけで、効果は決定的のです。詳しくはこちらから