三十路の簡単な筋肉講義による見かけを維持するツボ。

わたくしは身長171cm、ウェイト65kgの34年代ですが、腕立て伏せと懸垂を通じています。これをすることでM体積のユニクロの着物がジャスト体積になります。

もちろん太りがちな通例の人、痩せがちなメカニズムの人が居ると思いますが、だからこそ筋トレは大事だと思います。

例えば売り出しショップのTシャツ一枚で様になるボディは安上がりで良いと思います。

わたくしはもともと痩せがちなスタイルだったので筋トレを高校時代にやっていたのですが、効果はてきポイントで、ブランドもののTシャツなら一枚で様に上るスタイルを手に入れました。

さて、34年代になったわたくしは太りがちになってきました。33年代で再び筋肉調教を再始動しました。

33年代から筋肉調教を再始動して、ですが、かなりしんどかっただ。

昔なら筋肉痛はあすにすぐにでて、すぐに筋肉が強くなりましたが、33年代ともなれば異なります。

ですが、ゆっくりしたペースで徐々に筋肉は再びつきました。

それからですが、筋肉は維持しなければならないのですが、例えば腕立て伏せはウィークに2回、50回を1セットするだけで可能。

時間にして2パイぐらいです。

懸垂もウィークに2回で、20回を1セットするだけです。

大したことがないようですが、止めるのとやるのはだいぶ違う。

ウェイトはそんなに落ちないのですが、スタイルが良くなります。

また、下半身を鍛えない理由ですが、下半身は普段の生計で取り扱うから鍛えません。

スタイルですが、ウエストが大分しまります。

懸垂も腕立て伏せもボディーを使うからです。ボディーを使うからしんどいというのもありますが。

ウエストが引き締まると(わたくしはウエスト30から31インチだ。)ジーンズも様になります。

ちなみにわたくしは著名売り出しショップのクラシックビンテージチノパンを履いていますのでジーンズは履きません。

わたくしはもう少しボディを痩せさせたいとわたくしが想うのは、体の形態は着物の上からは良いのですが、

うっすら脂肪なので、顔付きが20代初期の内と比べるとどうしてもふっくらしてしまうからです。

それの破棄技法はランニングしかないのですが、わたくしは階級を受け入れて、やっていません。http://www.meagerman.net/